普通免許で乗れる車種の時代遍歴を辿るサイト

>

まさか、4tトラックまで運転できていたなんて

中型免許が導入された背景にあるもの

交通事故削減のためには、普通免許で運転できる総重量の範囲を狭くするべきだと考えられた背景には、2007年の改正以前にその分布帯での事故の多さが、起因しているといわれています。

実際のところ、改正後には交通事故の件数が減少していることが実証されていて、それなりの成果が見られているのです。
わかりやすく言えば、それまで普通免許で運転できる自動車の総重量の幅が広すぎて、乗りこなせない技術にも拘らず、法的に運転が認められていたということで、当然事故につながりやすく、重量の大きさから重大事故に発展するケースが多かったものと考えられます。

普通免許で、4t車やマイクロバスが運転できたのは、今となってはかなり無謀であったといわざるを得ないかもしれません。

改正後、もたらされた結果とは

改正以前に普通免許を取得していたひとでも、自家用車しか乗らなかったひとにとっては、「中型車まで乗れるんだ」と気づいた程度で、この改正はあまりピンと来なかったかもしれません。
けれども、仕事や趣味などで普通免許で運転できる大型車を、有効利用していた人にとっては、今まで運転できたものが出来なくなったことで、改めて大型免許の取得を余儀なくされた人もいたのではないでしょうか。

昨日までは大丈夫だったのが、今日からは違反になってしまうので、細かく注意していないと違反切符を切られかねません。
使っている側からの結果を考えると、事故が減ったことは評価に値しますが、総重量が少なくなった分、少なからずの支障はあったのではないでしょうか。